ダイナミックマイク「SM58SE」 VS コンデンサマイク「NT1-A」

 

1位 自宅での録音に最適<コンデンサマイク>  
RODE
SM58SEのマイクで高得点!カラオケ代が無料にで書いたとおり、
カラオケに持ち込むと、高得点を出してくれるSM58SEですが、
自宅で録音となると困る点も多々あります。

SM58SEは、「ダイナミックマイク」と呼ばれる種類のマイクなのですが、
録音できる音量が小さいので、
入力音量をMAXにして、MIXでも無理やり音量を持ち上げてやる必要があります。

無理やり音量を上げるため、雑音も一緒に増幅され、音質が劣化してしまいます。

【NT1-Aと比較】
今回、NT1-Aを購入したので、録音して比較してみました。
NT1-Aは「コンデンサマイク」という種類のマイクで、
レコーディング現場やラジオの収録現場でよく見かける高価なマイクです。

しっかり音を拾うマイクのため、音質の劣化を最小限に抑えられます。
同じ入力音量でも、これだけ差が出ます。


↑上がコンデンサマイクNT1-A、下がダイナミックマイクSM58-SE


いかに、NT1-A(コンデンサマイク)が繊細と言われるかが分かっていただけると思います。
ただ、 周囲の雑音も拾いやすいので、できるだけ部屋を静かな状態にしてから録音に入る必要があります。


→コンデンサマイク NT1-Aの購入はこちら
2位 カラオケへの持込に<ダイナミックマイク>
SHURE


→ダイナミックマイク SM58SEの購入はこちら